角川 新字源 BCCKS版  |  jigumi

 

59

 

 
 
 
 
 
 
 
はじめに

 
 
 
 
 
この度、『字組広告公募展』の開催にあたり、縁あって角川学芸出版様より「文字の成り立ち」に関してご協力いただけることになりました。ここでは、角川学芸出版刊『新字源』より、主に"漢字の成り立ち"について、本誌を抜粋する形でご紹介していきます。「どんなテーマにしようかな?」など迷ったら、ここからアイディアを探してみてください。

本誌には象形文字などの図解もあり、非常にわかりやすいものになっているのですが、ここでは全てを紹介できておりません。ご興味があれば『新字源』をご覧になっていただければ幸いです。



                   株式会社BCCKS
                   株式会社モリサワ

 

 
 
 
 
 
『新字源』は、漢和辞典のパイオニア的存在の簡野道明先生の『字源』の名を負っている。この二つの漢和辞典は、編者も内容も全く異なる辞典であるが、漢字について極めて厳正で、かつ、漢文教育に熱心だった簡野先生の精神が、角川の漢和辞典編集のブランド名として受け継がれ生きている。この『新字源』は、京都大学と東京大学の東西の学者が共同で作り上げたものである。特に見出しとなる漢字は、範となるべき『康煕字典』の随所に見られる矛盾を理論的に是正して統一し、系統立てた。たとえば、字形については、同じ旁なのに部首によって字形が微妙に違ったり画数が違ったりしているのを、その漢字の成り立ちから、適切な形を判断して採用した。漢字音も、根拠のあるものに従って厳密に選定し、使われた実績のない音を採用することをしなかった。また、成り立ちの解説(解字)・本来の意味(原義)・転義と、その展開順に沿って記述し、分かりやすく明確に、合理的な漢字の理解に貢献できるようにした。さらに、他の漢和辞典に先駆けて、見出し漢字の箇所に、それまで無かった同音同義の異体字(古字・俗字など)をまとめて併記し、通し番号(検字番号)を付けた。熟語は、地名・人名・書名などの固有名詞も含め、広範囲にわたって語彙を採取し、出典・引用例は原典に当たって検証し直し、豊富に掲げた。

 
 
 
 
 
コンパクトながら、利用者の幅広い要求に応えられるように配慮しつつ、このサイズでは他に類をみない親字数約1万字と語彙数6万余語を収録する。下は中学生から上は専門家まで、発刊以来、多くの人々の信頼を勝ち得、今もなお支持され続けている漢和辞典のベストセラーである。 
 
 
 
初版発行:昭和43年(1968)1月
改訂版初版:平成6年(1994)11月〜第46版:20年11月
『角川 新字源 改訂版』 小B6判 定価:2400円 
編者:小川 環樹・西田 太一郎・赤塚 忠

 
 
 
 
 
 
 
『新字源』紹介文

 

58

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『新字源』に収録されている漢字のなりたちを、一部ご紹介。
※BCCKSで読みやすいように見せ方などを変えています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<おもな記号>
[国]:親字および熟語で、日本語としてのみ用いるもの。
[同]:同義語
[対]:対義語

なりたちの分類は六書による。
[象形]:物の形をかたどって字形を作ること。
[会意]:位置や状態といった抽象概念を字形の組み合わせで表    すこと。
[指事]:類型的な意味を表す意符と音を表す音符とを組み合わ
    せて字を作ること。
[形声]:象形と指事によって作られたものを組み合わせて新し
    い意味を表す字を作ること。
[仮借]:用字法の一つとする説が有力であるが、定説はない。
[転注]:他の同音・類字音の字を借用すること。
ほか、
[象指]→[象形指事]、[会形]→[会意形声]の2種を追加した。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
漢字のなりたち

57

 
 

56

 
 

 
 ブン  メン・ベン
まぬか

1.   2.  
   れる

【なりたち】
 
 
 
 
 
 
    
【意味】 

人の“臀”と“人”により、生児を取り出す、
転じて、ぬけ出る意を表す。娩の原字。形声字の音符になると、力を入れる(勉)、ひっぱる(挽)、かたよるなどの意を表す。常用漢字は俗字による。 
※本書に図解あり 
 
 
 
子を生む。[同]娩
喪服。
喪服を着て死者をとむらう。
 
 
子を生む。
まぬかれる。
 ア)ぬけでる。にげる。のがれる。
 イ)去る。さける。
ぬぐ(脱)。
はなつ(放)。にがす。
ゆるす。 
 ア)とりのぞく。
 イ)ききいれる。許可する。
 ウ)罪を許す。「赦免」
やめる。官職をやめさせる。しりぞける。
「罷免」
つとめる。[同]勉

[会意]
 
 
 
 
 
 
 

1.
2.
3.
 

1.
2.
 
 
3.
4.
5.
 
 
 
6.
 
7.

 
 

“力”と、退ける意と音を示す“去”キョ→キョウとから成り、力ずくで退ける、
「おびやかす」の意を表す。
 
 
 
おびやかす。せまる。おどす。[同]脅
かすめる。うばいとる。「略劫」
おいはぎ。強盗。
階段。塔。(同)
つとめはげむさま。「劫劫」[同]汲汲
こう。囲碁の手法。
互いに一手の間をおかなければ取る事ができない石を争うときをいう。
《仏》ごう。きわめて長い時間。「永劫」→刹那

【なりたち】
 
 
 
 
 
【意味】

55

 
 

 
ゴウ・キョウ・コウ

[会形]
 
 
 
 
 
1.
2.
3.
4.
5.
6.
 
 
7.

 

かえるのたまごの形にかたどる。ひいて、鳥・魚などの「たまご」をいう。
一説に、“ ”カンの異体字で、「たまご」の意を借用するという。
 
 
 
 
たまご。鳥・魚などのたまごの総称。
たまごの大きさ。たまごの形。
 
はららご。魚のたまご。[同]鯤

 
 

1.   2.

【なりたち】
 
 
 
 
 
 
【意味】

54

 
 

[象形]
 
 
 
 
 
 

1.
2.
 

 
 ラン  コン
たまご

【なりたち】
 
 
 
 
 
 
 
 
【意味】

[形声]
 
 
 
 
 
 
 
 

1.
 
 
 
 
 
 
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
 








 

 
 る

53

 
 
 

 

もと、“吁”[く](さけぶ意。のち口に変わる)と、音符“矢”[シ→チ](つらねる意→“陳”チン)とから成り、ことばをつらねて神に告げる意を表わしたが、転じて、物事のことわりを知る、認める意に用いる。一説に、“口”と“矢”とから成る会意の字という。
※本書には図解あり
 
 
 
しる。
 ア)さとる(覚)
 イ)わきまえる。みわける。
 ウ)みとめる。
 エ)つかさどる。治める。
 オ)見知る。したしむ。
 カ)感じとる。ききしる。
あらわれる。
しらせる(しらす)。しらせ。「通知」
ものしり。
知っている事がら。
しりあい。つれあい。
もてなし。あしらい。
たぐい(類)
耳目の欲望。
州や県の長官。 
 
ちえ(知恵)[同]智(ち)